OBS Studio システム要求

OBS Studioは,次のハードウェアおよびオペレーティングシステムが機能することを要求します。互換性のあるシステムを持っていても,OBSを使用して配信や録画が可能であるという保証はありません。CPU要件は,選択したエンコーダ,解像度,FPS,シーンの複雑さによって大きく異なります。OBS自体の「ツール -> 自動構成ウィザード(ベータ版)」を試して,仕様に適した設定を見つけてください。

基本的な要件

Windows:
- DirectX 10.1 互換のGPU
- Windows 7 以降

macOS:
- Intel CPU (PPCはサポートしていません)
- OpenGL 3.2互換のGPU
- macOS 10.10以降

Linux/Unix
- OpenGL 3.2互換のGPU
- X Window System

ハードウェアエンコーダ

ハードウェアエンコーダは,一般にローカル録画には推奨されますが,配信は推奨されません。 ソフトウェアのエンコーディングが不可能な場合,それらは最後の手段になります。 これらは,デフォルトのプリセットveryfastを使用したソフトウェア (x264) エンコーディングと同じビットレートでの品質の低下と引き換えに,パフォーマンスの影響を最小限に抑えます。 現在すべてのコンシューマーレベルのハードウェアエンコーダは,以下に示す特定のGPUによって提供されています。

ご使用のGPUに最新のドライバを使用してください:
- NVIDIA
- AMD
- インテルGPUドライバは通常メインボードの製造元から入手できますが, ここでも 見つけることができます。

NVIDIA NVENC

NVIDIA GeForce GTXクラスのGPU,Keplerアーキテクチャ (GKxx) 以上 (GTX 600シリーズのいくつかのカードから始まる) モバイルGPUのサポートは存在しますが,NVENCはほとんどサポートされません。 NVENCエンコーダを使用しようとしたときにエラーが発生し,ドライバが最新のものである場合,GPUはNVENCをサポートしていない可能性が非常に高いです。

Intel Quick Sync Video (QSV)

Intel Core-i-CPU 2xxx (Sandy Bridge) 以上のIntel HDグラフィックスGPU。 QSVの早期実装により品質が低いため,Intel Core-i-CPU 4xxx (Haswell) 以上を推奨します。

QSVはWindows 7で不安定になる可能性があり,それを有効にするための回避策 が必要な場合があります。

AMD Advanced Media Framework (AMF)

互換性のあるGPUについては, AMFプラグインのドキュメント問題のトラブルシューティングガイド をお読みください。